越境EC+OtoO

国大葯房は現在、多くの店舗のリニューアルを積極的に進めている中で海外製品のOtoO(online to offline)の取り組みを強化しています。
店舗で体験コーナーを作り、お客様に実際に使ってもらいながら、ネットでも購入できるという仕組みです。


※昨年のL'Oréalとの連携実績
8月11日、SinopharmAccordの子会社であるGuodaPharmacyは、L'OréalGroupのアクティブヘルススキンケアブランドであるVichyと協力して、国内初の薬局チャネル設計O + O(オンラインおよびオフラインチャネル統合)スキンヘルスを作成しました。上海に正式に開設された科学管理センター。国立大学薬局副部長のYaoJun、L'OréalChinaの副社長であるLan Zhenzhen、L'OréalChinaのアクティブヘルス化粧品部門の副社長兼部長であるMa Lan、およびその他のゲストが打ち上げ式に出席しました。地域の健康管理システムの革新的な構築、「流行後の時代」に焦点を当て、地域の薬局での消費傾向、O + O皮膚の健康管理の新しいモデル、およびその他のトピックを多面的に分析し、詳細に説明します。

国大葯房副総経理による発表


取り組みに対するプレス発表


実際の体験ブース



こちらの越境EC+OtoOは国大葯房が今後積極的に推進する事業ですので、ご興味のある方は是非ご相談ください。


>>> WEB相談・商談予約はこちら